愛知県大府市の公認会計士・税理士 坂口美穂事務所。皆さまの最適なファイナンス構築を支援する会計事務所です。

〒474-0052 愛知県大府市長草町中屋敷23-6

営業時間

9:30~18:00
(土日祝を除く)

その他

無料相談を行っています

お気軽にお問合せください

0562-47-6697

中小企業新事業活動促進法の活用

今なぜ、「経営革新」か?

何もしなければ利益は低下する

環境変化の激しい現代には、従来の経営常識が通用しなくなりました。また、「老舗は不断の革新から生まれる」という言葉があるように、長い間を生き抜いてきた企業は、その時その時の時勢にあわせ、自らを変えていきました。どような商品であれ、サービスであれ、永遠に続いて利益を上げられるものはありません。消費者のニーズが変化したり、飽きられたり、競合他社が参入したり、様々な要因から、何もしなければ商品の粗利益率は低下傾向にあるというのが一つの法則として考えられます。

イノベーションこそ経済発展の原動力

総務省の統計によると、10年で50%超の企業が滅亡していくことになります。これらは役割を終え、経済システムから退場していくものと考えることができます。換言すれば、自らをイノベーションできなかった企業が消滅していくといえるのです。
このような社会の中で、企業が永遠の命を保つためには、自らの存在意義を明確にし、時流を理解し、自らを主体的に変化させることしかありません。
いついかなる時代でも社会に有用な価値を提供し続ける企業は頼られ、周りが支持します。したがって、存続できるのです。この意味でも経営革新は経営者の責務であり、特にこの経営環境を打破し、更なる成長軌道に乗せるためには「経営革新」を断行することしかありえないのです。

「才覚」(経営革新)と「始末」(業績管理)の両方が大事

江戸時代に大成を成したある商家では、その秘訣は「才覚」と「始末」であり、その両方が大切であると説いています。現代流に言えば、「才覚」とは、独自のアイディアを生み出し、積極的に挑戦する気概であり、まさに「経営革新」そのものといっても過言ではないでしょう。これに対して、「始末」とは実現した売上高とそれに対する費用を適切にコントロールして、利益や資金として実現させるための仕組み、すなわち「業績管理」と言い換えてもいいでしょう。
企業を革新していきには、まず、第一に経営者の夢、情熱、アイディアなどが不可欠ですが、それを支える業績管理システムもまた不可欠です。

貴社の「経営革新」(新しい取り組み)についてチェックしましょう

  • 新商品の開発または生産を検討していますか?
  • 新役務(サービス)の開発または提供を検討していますか?
  • 商品の新たな生産または販売の方式の導入を検討していますか?
  • 役務(サービス)の新たな提供の方式の導入を検討していますか?
  • その他の事業活動を検討していますか?

YES

「中小企業新事業活動促進法」の活用を検討してみませんか

  YES

自社の取り組みを文章・数値化してみましょう

「中小企業新事業活動促進法」承認の流れは次のとおりであり、当該流れに沿って、当事務所のアドバイザーが全力でご支援させていただきます。詳しい内容については、当事務所にお問い合わせください。

都道府県の担当部局との打ち合わせ

経営革新計画を策定

必要書類の作成・準備


都道府県担当部局、国の地方機関等への申請書の提出

都道府県知事、国の地方機関の長による審査・承認

各種支援施策の活用

経営革新計画の実施とフォローアップ

 優良企業 

お問合せはこちら

公認会計士・税理士 坂口美穂事務所への見積り依頼、業務内容についてのご質問についてのお問い合わせは、メール、もしくはお電話にて対応しております。また、会計・税務・経営・法人設立などに関する相談についても、メールまたは電話等にて無料対応しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 相談したい時はどうしたらいいんですか?
  • 結局費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたさまからのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

坂口美穂公認会計士事務所

代表者 坂口 美穂

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

資格
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 登録政治資金監査人
  • 経営革新等支援機関

営業時間

無料相談日
 
午前×××××××
午後×××××××

 平成30年 6月18日~ 6月24日

営業時間

9:30~18:00

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

土曜日・日曜日・祝日

詳しくはお電話ください。

お問合せ・お申込み

お気軽にご連絡ください。

0562-47-6697

お気軽にご相談ください。

詳細はこちら

お問合せはこちら

  お電話でのお問合せは

0562-47-6697

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

事務所概要はこちら

著書・執筆記事

最新の執筆記事

  〈名古屋税理士会 会報〉
【論壇】我が国の災害税制の在り方について(2017年1月号)
・【論壇】事業承継「待ったなし」(2018年1月号)

中部経済新聞

・「住まいづくりのための賢い税金対策」(2012年6月4日)
・「空き家対策と税制」(2017年10月5日)

月刊東海財界

「なでしこ力」(2012年7月)

過去の執筆記事
(近代中小企業)
  • 「近代中小企業」2009年5月号(【特集企画】銀行に頼らない経営)
  • 「近代中小企業」2011年10月号(【特集企画】中小企業のためのガバナンス!)
  • 「近代中小企業」2013年1月号(【特集企画】消費税10%突入に備える、転換期の経営防衛術)
  • 「近代中小企業」2014年2月号(【特集企画】社長の終活)
  • 「近代中小企業」2015年12月号(【特集企画】直前緊急対策!マイナンバー制度)

バックナンバーのある号がございます。ご興味のある方はお問合せください。